• ポイント還元お買い上げ毎に5%のポイントプレゼント
  • 送料無料30,000円以上のお買い上げで送料が無料

アイスホッケーのポジションは?選手交代のタイミングも解説

 アイスホッケーのルールは、日本ではそれほどメジャーではないこともあり浸透しているとはいえません。
 アイスホッケーでは他のスポーツと同様、選手ごとにポジションが決められています。
 アイスホッケーをプレーするときや観戦するときは、選手のポジションを知っておくとよりわかりやすいでしょう。
 そのためこの記事では、ポジションごとの役割を紹介します。また選手交代のタイミングについても説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 基本ルール

 はじめにアイスホッケーの基本ルールをおさらいします。チームの人数や得点の仕方を知っておきましょう。

1-1. リンク

 リンクの大きさは縦30cm×横60cmです。ゴールはリンクから4m離れたところにゴールラインが引かれており、中央にゴールポストが置かれます。

1-2. 人数

 リンクに入れるのは1チーム6人です。ただしベンチには22人までは入れることが多いようです。ゴールキーパーは、ベンチの22人中2人まで入ることができます。

1-3. 得点

 アイスホッケーでは、ボールではなくパックをゴールに入れて得点を競います。パックがゴールに入ると、1ポイントずつポイントを獲得できます。ただしゴール前の青い半円(ゴールクリーズ)の中にシュートする選手が入っていたり、味方が入っていたりすると得点になりません。

 シュートするときは、スティックでパックを仲間にパスしながら対戦相手のゴールを狙います。シュートしたパックはゴールラインを完全に超えると得点になり、反対にゴールラインに触れていると得点になりません。

1-4. 時間

 試合の時間は1ピリオド20分を計3回、合計60分間です。各ピリオドの間には10分間のインターバルがあります。3ピリオドで試合の決着がつかない場合は、延長戦を行います。

2. ポジション

 アイスホッケーのポジションは、大きく分けて3つです。それぞれの位置と特徴について解説するので、覚えておきましょう。アイスホッケーはチームで戦う競技なので、ポジションによって役割が異なります。

2-1. ゴールキーパー

 対戦相手のシュートから、さまざまな方法でゴールを守る選手です。ゴールクリーズという場所が、ゴールキーパーの領域です。

2-2. フォワード(センター・ライトウィング・レフトウィング)

 一番前に位置する3人の選手を、フォワードと呼びます。フォワードの主な役割は、ゴールにパックを入れる攻撃をすることです。3人のフォワードをそれぞれ、センター・ライトウィング・レフトウィングと呼びます。また3人合わせてラインと呼ばれることがあります。

 センターは真ん中に位置する選手で、Cという文字で表すことがあります。主にリンクの中央がプレーの領域です。またフェイスオフする際は、センターがその役割を担当します。フェイスオフは各チームの代表1人が審判の落とすパックを取り合うことです。試合が中断されたときに行うもので、主に試合開始、反則、アウトオブバウンズの際に行われます。

 ライトウィングとレフトウィングは、左右に位置する選手のことです。表記はLWとRWで表され、リンク周縁の領域をメインにプレーします。得点を入れるのが得意な選手に、ウィングの適性があります。

2-3. ディフェンス(ライトディフェンス・レフトディフェンス)

 対戦相手の攻撃からゴールを守るのが、ディフェンスです。2人配置され、それぞれレフトディフェンスとライトディフェンスと呼ばれます。ディフェンスはフォワードに比べて、やや長めのスティックが使用されます。長いスティックは遠くのパックに届きやすく、その反面で細かな動きが難しいのです。

 またディフェンスの選手は、バックスケーティングの技術が必要です。これは前向きの状態で、後方に進む技術のことです。ディフェンスはゴールを守るため、後方にスケーティングすることが他のポジションよりも多くなります。

3. 選手交代のタイミングは?

 アイスホッケーは他のスポーツと比べて体力の消耗が激しいため、選手の交代も頻繁に行われます。一般的には、1分以内で代わることが多いのです。

 選手は通常、ゴールキーパー2人、フォワード3人、ディフェンス2人ですが、試合の終盤ではゴールキーパーやディフェンスを減らして、フォワードを増やすこともできます。ただしリンク上に入れるのは6人なので、間違えて7人以上入ると反則になります。

4. まとめ

 アイスホッケーのポジションについて解説してきました。チームは6人で、ゴールキーパー・フォワード・ディフェンスに分けられます。またアイスホッケーは他の競技に比べて選手交代が頻繁にあり、そのためベンチには22人まで入れることが多いのです。

 ポジションの選び方は、得点を取るのが得意な選手がフォワードを担当し、バックスケーティングが得意な選手はディフェンスを担当すると良い傾向です。このようにアイスホッケーでは、選手のポジションによって求められる技術が変わります。練習を通してそれぞれの選手に合うポジションを見つけ、試合に生かしていきましょう。

 「サーティーンスポーツ」ではアイスホッケー用品を取り揃えており、アイスホッケーを楽しむお客様のさまざまなご要望にお応えしております。皆様のお越しを、心よりお待ちしております。